赤十字の歴史

日本赤十字の歴史

我々、日本での赤十字の活動はどうだろうか?元々、日本には赤十字の前進になる物が存在した。

それは、1877年の西南戦争まで遡る事になる、大給恒と佐野常民が、設立した博愛社が赤十字の全身という風になる。それでも最初は、明治新政府がこの博愛社を許可する事がなかった。

理由として、敵や味方の区別をする事なく、救護を行うという博愛社の精神を理解する事ができず、博愛社の設立を明治政府は許可しなかったのである。

しかし、佐野常民は、博愛社の設立を諦める事ができずに、直接、有栖川親王へと博愛社の設立を直訴する。有栖川親王はこの考え方にひどく感銘を受け、政府の意見を聞く事なく、佐野に博愛社の設立を許した。

こうして、日本赤十字の全身である博愛社は設立される事となった。
しかし、当然ながら当時の雑兵に対する教育や情報伝達はほぼされる事がなかった為、実際に博愛社が戦争の現場に立つと、博愛社の理念というものを理解する事が出来ない雑兵から博愛社の人間が殺されてしまうという事件が多々起こった。
博愛社のスタートは決して楽ではないという事を表していると思います。

これは現代でも同じ状況があり、いまだに赤十字社の救援部隊の死亡というニュースはよく聞かれます。

献血をしよう!赤十字とは
copyright(C)赤十字について知ってみよう!
当サイト利用規約 管理者情報