赤十字の歴史

赤十字とは

色々な所で見かけるのが、赤十字という言葉です。災害地や戦争の映像やニュースが入ってくる時、必ずと言っていい程
赤十字という言葉が私たちの目や耳に入ってきます。

赤十字は白地の旗に大きく赤い十字マークが施されています。このマークも誰しも一度はみた事があるでしょう。それでは赤十字とは何をやっている所なのか?全体像を把握している人は余りいないと思います。
このサイトでは、赤十字についての色々な情報を皆さんにお届けできる様なそんなサイトにしていきたいと思います。
ここでは、赤十字の基礎知識についても皆さんが学べる様に有益な情報をお届けしていきたいと思います。
まず、赤十字の理念ですが、赤十字は国の外や内を問わずに戦争や大規模な災害・事故の際、敵や味方の関係なくあくまでも中立な機関として人道的な支援を行う。これはジュネーブ条約に基づいた国内法により極めて特殊な法人格と権限を付与された団体である。

上記の内容が、赤十字に込められた理念であり、実際にその様な理念に基づいた活動をしております。私たちは恐らくほとんどの日本人が赤十字と接した事はないと思います。それだけ日本が平和であるという証でもあります。それはとても幸せな事なのです。

日本赤十字の歴史
copyright(C)赤十字について知ってみよう!
当サイト利用規約 管理者情報